IPHシステムとは

コンクリートなどのひび割れ補修に「IPHシステム」

日本は地震国です。コンクリート構造物は、ただ劣化によるひび割れだけではなく、小さな地震の積み重ねにより深刻なダメージを受けています。これらのコンクリート構造物を補修するだけでなく、増強を兼ねて補修するのが『IPHシステム』です。→施工事例はコチラ →神島監的哨耐震補強工事はコチラ

IPHシステムとは

特長、用途

● コンクリート表面のひび割れ位置から樹脂を注入して、ひび割れたコンクリートを一体化し、耐久性を確保します。
● バネ(スプリング)による低い圧力でゆるやかに注入します。
● L型ジョイント併用により狭い場所でも施工が出来ます。

施工手順

● コンクリート表面のひび割れ位置から樹脂を注入して、ひび割れたコンクリートを一体化し、耐久性を確保します。
● バネ(スプリング)による低い圧力でゆるやかに注入します。
● L型ジョイント併用により狭い場所でも施工が出来ます。

■建築
 
■土木
1.調査     1.調査  
建築_1.調査 タイル浮きの調査、専用カメラによる撮影をし、2重浮きやジャンカを確認し注入ポイントを設定します。 土木_1.調査 欠損部の調査を行います。75年経過した高架橋の大きなジャンカや浮きなどの接合も可能です。

2.注入口

2.注入口
 
建築_2.注入口 IPHミストダイヤによる注入口の穿孔を行い、注入口付アンカーピンの固定を行います。 土木_2.注入口 欠損部の補修を行い、注入口を設置後、柱ひび割れ部・浮き部注入ポイントの穿孔を行います。

3.内圧充填接合(樹脂注入)
 

3.内圧充填接合(樹脂注入)
 
建築_3.内圧充填接合(樹脂注入) IPHミクロカプセルの取付、加圧状態で注入剤を硬化させます。 土木_3.内圧充填接合(樹脂注入) IPHミクロカプセル加圧養生を行い、締固めます。

4.仕上げ
 

4.仕上げ
 
建築_4.仕上げ カプセル台座・シール撤去後、調色し平滑に仕上げます。 土木_4.仕上げ IPHミクロカプセル撤去後、下地調整を行い、ライニングし、仕上げます。
※IPHについて詳しくはお問い合わせ下さい