サービスアンドソリューション No.1

コンクリートの非破壊検査「iTECS技術」
土交通省 NETIS登録番号 QS-040028-A
国土交通省 微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領 記載


「コンクリートテスター(CTS)」
国土交通省 NETIS 登録番号 HK-060013-V
農業農村整備情報総合センター(ARIC)
農業農村整備民間技術情報データベース 登録番号 261


「鉄筋探査機 NJJ-200」 「赤外線サーモグラフィカメラ R300」


「ひび割れ自動抽出画像処理 CFTracing」


 コンクリート構造物の耐久性が社会問題となり、コンクリート構造物の新設時の品質や維持管理の重要性が指摘されています。そのためにコンクリートに損傷を与えずに構造物の健全度を把握する非破壊検査が必要となります。  
 iTECS技術は構造物の弾性波に対する応答を測定・解析する技術です。この原理を利用してコンクリートの圧縮強度推定、ひび割れ深さ測定、内部欠陥探査、部材厚測定などを行います。
 コンクリートテスター(CTS)はハンマーでコンクリートを打撃したときの打撃力の時間波形を測定・解析することにより、コンクリートの強度推定、表面劣化度合の検知、表面近傍の剥離、浮きの検知などを簡便かつ高精度に行うことが出来ます。
 NJJ-200は電磁波レーダ法を利用した鉄筋探査機です。かぶり厚さが5〜300㎜の鉄筋位置を探知することが可能です。電気配線管・空洞等も探査できます。
 赤外線サーモグラフィカメラR300は、構造物表面の見かけの温度を解析することで熱画像を撮影できます。熱画像には可視画像では見えないコンクリートや外壁タイルの劣化部(浮き、剥落、空洞等)が写りますので、健全部と比較して劣化箇所を特定できます。 ひび割れ自動抽出画像処理 CFTracingは、デジタルカメラで撮影したコンクリート表面の写真からひび割れ等の劣化箇所を自動的に抽出できるソフトウェアです。画像自動合成ソフトウェア SIStitcherを利用することで構造物全体のひび割れ分布・数量を効率的に把握することが可能です。

コンクリートテスター iTECS 鉄筋探査機 NJJ-200 赤外線サーモグラフィカメラ CFTracting

s_s_img01.png