サービスアンドソリューション No.3

コンクリート劣化防止材「T&C防食(塩害用・凍害用)」
T&C防食 塩害用:国土交通省 NETIS 登録番号HKK-110001-V
T&C防食:国土交通省 NETIS 登録番号SK-090012-A

T&C防食は2種類の含浸材をコンクリート表面に塗布することで、劣化因子の侵入を効果的に抑制し、特に塩害抵抗性を飛躍的に高めた技術です。海洋環境における施工性も向上させました。

特徴

塩害用:浸透性能、表面硬度向上、遮塩性向上、安全性能、海洋環境施工性
凍害用:スケーリング抵抗性、防水性、外観への影響、安全性

用途

コンクリート打設後塗布可能な状況であれば、あらゆるコンクリート部材に使用することができます。
塩害用:塩分環境に曝されるコンクリート構造物全般
凍害用:寒冷地におけるコンクリート構造物全般
※その他劣化因子侵入抑制が求められるコンクリート構造物(新・既設問わず)

有機無機複合型コーティング材「シールコート007R」

シールコート007Rとは

シールコート007Rは無機物(ガラス、セラミック等)と有機物(プラスチック、ゴム等)をハイブリット化することにより、無機物の特性(耐候性、耐水性、高硬度等)と有機物の特性(加工性、柔軟性、密着性等)を兼ね備えた有機無機複合型の2液性コーティング材です。
「シールコート007R」はセメント系下地、各種金属製下地、既存塗装面等各種基材に対し、優れた密着性を示します。また、鋼材防錆用プライマー「NKジンク」塗布後の上塗り剤として使用することで耐候性の高い防錆被膜を形成します。
塗装後の被膜は高い光沢保持率を保ち、耐汚染性に優れた被膜を形成します。

特徴

耐候性、耐汚染性、高密着性、施工性、経済性

用途

新設・既設を問わず各種構造物に対し使用可能です。
◎鋼材 ◎コンクリート ◎モルタル ◎スレート ◎既存塗装面 ◎樹脂
※対象物(特に既設塗装面、樹脂)によっては付着性が悪い、リフティングを起こす等の不具合を起こす場合があります。

NKジンクとは

NKジンクは亜鉛粉末、エポキシ樹脂配合主剤、硬化触媒の2液1粉末で構成する鋼材の防食を目的とする常温硬化型の有機ジンクリッチプライマーです。亜鉛の持つ電気化学的防錆効果(亜鉛は鉄や鋼に比べ、イオン化傾向が高い為、それらの金属と接触することで犠牲防食効果を発揮する。)とエポキシ樹脂の優れた付着性能によ り、鋼材を錆から守ります。上塗りに使用する『シールコート007R』を塗布することで「NKジンク」の持つ高防食性と「シールコート007R」の持つ高耐候性を発揮し、鋼材の保護被膜として様々な分野で使用することができます。

特徴

防食性、付着性、施工性

用途

新設・既設問わず各種鋼構造物(鋼材素地)に対し使用可能です。